CLOSE

  • Yukiko Ito img1

Yukiko Ito

伊藤 由紀子

1979年 神奈川県横浜生まれ
2001年 女子美術大学 工芸科陶専攻 卒業
陶彫刻家 藤田昭子氏師事
2002年 福井県金津創作の森 入社 (~2010年)
2012年 石川県九谷焼技術研修所 本科 卒業
2013年 九谷焼(株)錦山窯 入社 (人間国宝 吉田美統 在籍)
2018年 独立

  • Hirotake Imanishi img1

Hirotake Imanishi

今西 泰赳

1984年 奈良県奈良市生まれ
2012年 筑波大学 大学院博士課程 生命環境科学研究科
情報生物科学専攻 博士課程 修了
2013-14年 信楽窯業技術試験場 小物ロクロ成形、大物ロクロ成形 研修
2015-16年 石川県立九谷焼技術研修所 研究科、実習科(加飾コース)
2017年― 金沢美術工芸大学 助手・非常勤講師

  • Sakura Oishi img1

Sakura Oishi

大石 さくら

1986 大阪生まれ
2009 "近畿大学文芸学部芸術学科造形芸術コース
陶・オブジェゼミ卒業"
2011 石川県立九谷焼研修所 本科 卒業
2012 石川県立九谷焼研修所 研究科 卒業
2017 金津創作の森 創作工房 退社
2018 大阪にて制作

  • Keigo Kamide img1

Keigo Kamide

上出 惠悟

1981年石川県生まれ、2006年東京藝術大学美術学部絵画科油画専攻卒業。家業である上出長右衛門窯の後継者として、職人と共に多くの企画や作品の発表、デザイン、経営に従事。東洋に始まった磁器の歴史を舞台に普遍的で瑞々しい表現を目指すと共に、伝統や枠に囚われない柔軟な発想で九谷焼を現代に伝えている。

  • Masako Kawakami img1

Masako Kawakami

川上 真子

神奈川県出身
2012年 石川県立九谷焼技術研修所本科卒業
同年 山本長左氏に師事
2016年 独立 染付を中心とした絵付磁器を製作

  • Mai Kitai img2
  • Mai Kitai img2

Mai Kitai

北井 真衣

1985年 生まれ 石川県金沢市
2008年 金沢工業大学土木工学科 卒業
2012年 石川県立九谷焼技術研修所卒業
2013年 金沢美術工芸大学 科目等履修 終了
2015年 金沢美術工芸大学 大学院 工芸専攻 卒業

  • Kazuyoshi Kitamura img2
  • Kazuyoshi Kitamura img2

Kazuyoshi Kitamura

北村 和義

1974年生まれ
石川県美術文化協会会員
石川県陶芸協会会員
小松市美術作家協会理事

  • Yukiko Kido img1

Yukiko Kido

木戸 優紀子

1984年 金沢市に生まれる
2001年 創作家 能川富美子氏に師事 主にデッサンを学ぶ
2004年 金城大学短期大学部美術学科日本画専攻卒業
2004年「妙泉陶房」山本長三氏(宮内庁御用達九谷焼作家)に師事 主に染付を学ぶ
2008年 独立 自宅にて制作に励む

  • Akiyoshi Komeya img2
  • Akiyoshi Komeya img2

Akiyoshi Komeya

米谷 彰能

1955年 加賀市大聖寺生まれ
2011年 陶芸を始める
2015-2017年 九谷焼技術研修所実習科履修
2016年 チームコヤーラ創作人形公募展に猫ペンスタンド等が「加賀ていねい」認定
2016年 四日市(萬古焼)陶磁器コンペ2017『ねこ』 優秀賞受賞
2017年 第2回日本陶磁協会現代陶芸奨励賞入選
2018年 安曇野そば猪口アート展入選

  • Yuko Sawaya img1

Yuko Sawaya

澤谷 由子

1989年 秋田県横手市生まれ
2012年 岩手大学教育学部芸術文化課程造形コース(美術) 卒業
2014年 上越教育大学大学院学校教育研究科教科・領域教育専攻芸術系コース(美術) 修了
      金沢卯辰山工芸工房 入所
2017年 金沢卯辰山工芸工房 修了
現在、石川県能美市 在住

  • Kyoko Tanabe img1

Kyoko Tanabe

田辺 京子

1969 石川県金沢生まれ
1990 北陸大学外国語学部英米語学科卒業
1998 石川県立九谷焼技術研修所専門科 修了
2001 金沢卯辰山工芸工房 修了
2001~ ひとりでがんばる

  • Seito Tamura img1

Seito Tamura

田村 星都

1980年 小松市生まれ
2007年 石川県立九谷技術研修所実習科修了
2010年 小松市に工房を構える。

  • Masaka Nakayama img1

Masaka Nakayama

中山 昌果

1981年 石川県珠洲市に生まれる
2003年 石川県立九谷焼技術研修所 卒業 以降、地元 珠洲に戻り 自宅工房にて制作。 個展、グループ展にて 各地で発表。

  • Sho Higashimoto img1

Sho Higashimoto

東元 生

1982 年 石川県白山市に生まれる
2010 年 石川県立九谷焼技術研修所研究科 卒業
2012 年 金沢卯辰山工芸工房 入所

  • Tomomi Honoki img2
  • Tomomi Honoki img2

Tomomi Honoki

朴木 友美

石川県金沢市生まれ
2015年 石川県立九谷焼技術研修所本科 修了 27年度 パーマネントコレクション 選定
2016年 石川県立九谷焼技術研修所研究科 修了 28年度 パーマネントコレクション 選定 第30回石川の現代工芸展 NHK金沢放送局長賞 受賞
2019年 金沢市卯辰山工芸工房 在籍中

  • Sakiko Minami img2
  • Sakiko Minami img2

Sakiko Minami

南 紗貴子

埼玉県出身。
2018年3月 石川県九谷焼技術研修所 卒業

  • Kayoko Mizumoto img1

Kayoko Mizumoto

水元 かよこ

1989年加賀友禅工房に弟子入り。2001年に九谷焼の窯元に師事し、絵付けを学ぶ。2010年より独立し、自宅に築窯。2018年石川県立九谷焼技術研修所実習科修了。ドイツのミュンヘンでのグループ展をはじめ、国内各地で個展、グループ展を開催。ユニークな形態と色彩豊かな絵付けで個性的な世界を展開する。

  • Yoca Muta img1

Yoca Muta

牟田 陽日

1981年東京都生まれ。2008年ロンドンゴールドスミスカレッジファインアート科卒業。その後、石川県の伝統工芸である九谷焼に出合い、12年石川県立九谷焼技術研修所卒業。16年第11回パラミタ陶芸大賞受賞。日常的な食器、茶器などの美術工芸品、アートワークなど表現要素の強い作品を多岐に渡り制作。

  • Yuri Yamazaki img2
  • Yuri Yamazaki img2

Yuri Yamazaki

山﨑 裕理

高校で陶芸に出会いました。
そこからコツコツつくっています。
普段は日々のうつわをつくっています。
たまに他のものもつくります。
食卓が楽しくおいしくなりますようにと思いながらつくっています。

  • Hokyue Yamano img1

Hokyue Yamano

山野 芳久恵

石川県金沢市生まれ
2005年 第二十回石川の現代工芸展 入選
2006年 石川県立九谷焼技術研修所 本科卒業
2006年 山本芳岳師に師事し九谷焼赤絵細描等の技法を学ぶ
2009年 独立し自宅にて工房を構える
2011年 第六回雪のデザイン賞 佳作

  • Rumico Yoshita img1

Rumico Yoshita

吉田 るみこ

1962 石川県生まれ
1985 金沢大学卒業後、石川県立九谷焼技術研修所入学
1987 石川県立九谷焼技術研修所卒業錦山窯で作陶を開始
1999 朝日現代クラフト展優秀賞受賞

  • Kazuka Asakura img2
  • Kazuka Asakura img2

Kazuka Asakura

浅蔵 一華

1971年 小松市生まれ
1996年 金沢美術工芸大学大学院 産業デザイン専攻修了
2代・3代浅蔵五十吉の深香陶窯にて創作活動を開始。個展・グループ展を中心に活動。
2015年 伝統工芸士(九谷焼・加飾部門)認定

  • Reiko Arise img2
  • Reiko Arise img2

Reiko Arise

有生 礼子

2011年石川県立九谷焼技術研究所卒業。福島武山工房に入り、父・福島武山に師事。2014年能美市美術展奨励賞。2015年北陸新幹線金沢駅待合室陶板制作。16年ものづくり・匠の技の祭典 匠なでしこ賞。2017年より日本キルンアート協会九谷焼上絵付赤絵細描コース講師。2019年第42回伝統九谷焼工芸展優秀賞。

  • Shunjiro Ishitomi img2
  • Shunjiro Ishitomi img2

Shunjiro Ishitomi

石冨 俊二郎

1975年 石川県金沢市生まれ
1997年 石川県立九谷焼技術研修所卒業。㈱錦山窯入社 吉田美統氏、幸央氏に師事
2005年 伝統九谷焼工芸展初入選、石川の伝統工芸展初入選
2006年 一水会展入選 以降07,08入選 現代美術展入選 以降07,09入選 2013年 陶美展入選 以降14~16入選 2016年 伝統九谷焼工芸展奨励賞。日本陶芸美術協会会員。

  • Masako Inoue img2
  • Masako Inoue img2

Masako Inoue

井上 雅子

兵庫県生まれ。飛騨国際工芸学園修了。石川県立九谷焼技術研修所卒業。九谷焼加飾部門伝統工芸士。中村陶志人、伊藤慶二に師事。

  • Tomomi Imagawa img1

Tomomi Imagawa

今川 朋実

1991年 岩手県雫石町生まれ
2012年 女子美術大学短期大学部卒業
2017年 茨城県立笠間陶芸大学校卒業
2018年 石川県立九谷焼技術研修所研究科卒業 第41回伝統九谷焼工芸展能美ロータリークラブ賞 石川県立九谷焼技術研修所卒業制作展パーマネントコレクション選定 100周年記念大村女子基金2018年度「女子美術制作・研究奨励賞」受賞

  • Emi Oda img1

Emi Oda

織田 恵美

福島武山に師事。福島武山工房に就職し、12年の修行の後に独立。伝統工芸士に認定。08年全国伝統的工芸品コンクール・中小企業庁長官賞受賞。12年伝統工芸的工芸品コンクール・内閣総理大臣賞受賞。

  • Hideaki Katsumata img1

Hideaki Katsumata

勝亦 秀彰

神奈川県横浜市出まれ。高校から海外へ留学し、専門学校と大学にて芸術美術デザインを学ぶ。2017年に石川県立九谷焼技術研修所本科へ入学し、2019年石川県立九谷焼技術研修所本科を卒業。卒業制作展にてパーマネントコレクション受賞。第13回能美市美術展にて市長賞を受賞。現在、藤田美山にて勤務している。

  • Suzuka Kanamaru img2
  • Suzuka Kanamaru img2

Suzuka Kanamaru

金丸 涼花

2017年 京都造形芸術大学卒業
2019年 石川県立九谷焼技術研修所本科卒業
2019年 石川県立九谷焼技術研修所研究科在学中

  • Keigo Kamide img1

Keigo Kamide

上出 惠悟

1981年石川県生まれ、2006年東京藝術大学美術学部絵画科油画専攻卒業。家業である上出長右衛門窯の後継者として、職人と共に多くの企画や作品の発表、デザイン、経営に従事。東洋に始まった磁器の歴史を舞台に普遍的で瑞々しい表現を目指すと共に、伝統や枠に囚われない柔軟な発想で九谷焼を現代に伝えている。

  • Noriko Kawauchi img1

Noriko Kawauchi

河内 範子

1986年石川県石川県立九谷焼技術研究所基礎コース卒業。
1988年石川県立九谷焼技術研究所専門コース卒業。東剛太郎にロクロを師事。91年独立し、窯を築く。2013年通商産業大臣認定九谷焼伝統工芸士。

  • Yuko Kawashima img1

Yuko Kawashima

川島 優子

2018年 第41回伝統九谷焼工芸展 連合会新人賞
2018年 谷焼技術研修所本科卒業 卒業制作がパーマネントコレクションに選定
2019年 九谷焼技術研修所研究科卒業 卒業制作がパーマネントコレクションに選定

  • Satomi Kawada img1

Satomi Kawada

河田 里美

名古屋デザイナー学院GD学科卒業後広告代理店勤務を経て、石川県立九谷焼技術研究所本科卒業後、中村陶志人に師事。日本伝統工芸士に認定、石川県立九谷焼技術研究所薄絵講師、金沢美術工芸大学花詰講師を勤める。

  • Shinya Kanbata img1

Shinya Kanbata

上端 伸也

2002年石川県立工業高等学校工芸科卒業。05年石川県立九谷焼技術研究所本科・研究科卒業。卒業後、九谷焼窯元に就職。16年九谷焼窯元を退社、現在自宅にて制作活動中。日本現代工芸美術家協会本会員、石川県美術文化協会会員、金沢工芸協会協議員。

  • Taro Kitade img1

Taro Kitade

北出 太郎

1977年小松市生まれ。2004年金沢美術工芸大学大学院陶磁専攻修了。第36回日展初入選。以後9回入選。15年第37回日本新工芸展審査員、日本新工芸会員賞受賞。17年第40回伝統九谷焼工芸展保存会技術賞受賞。九谷焼伝統工芸士。祖父北出不二雄・武腰潤に師事。

  • Kazuyoshi Kitamura img2
  • Kazuyoshi Kitamura img2

Kazuyoshi Kitamura

北村 和義

1974年生まれ。
石川県美術文化協会会員
石川県陶芸協会会員
小松美術作家協会理事

  • Mayu Saito img2
  • Mayu Saito img2

Mayu Saito

斎藤 まゆ

東京都生まれ。東京家政大学卒業。石川県立九谷焼技術研修所卒業。金沢卯辰山工芸工房修了。2014年トッテのある形展(ギャラリーヴォイス)、個展(能美市九谷焼資料館)。15年第10回パラミタ陶芸大賞展大賞受賞(パラミタ陶芸美術館)。16年アートフェア東京伊勢丹三越ブース。17年現代の茶陶展(茨城県陶芸美術館)。以後、個展多数開催。

  • Tsuyoshi Sato img2
  • Tsuyoshi Sato img2

Tsuyoshi Sato

佐藤 剛志

1990年一般企業から九谷焼窯元へ入社。石川県立九谷焼技術研修所実務者コースに入学し、2年間ロクロ技術を学ぶ。2013年に独立し、工房「創楽庵」を創立。現在、能美市職人工房にて作陶活動中。

  • Ikumi Sawada img2
  • Ikumi Sawada img2

Ikumi Sawada

澤田 郁美

1965年石川県かほく市生まれ。1999年石川県立九谷焼技術研究所実務者コース卒業。2006年創造美術展初入選石野賞受賞。08年創造美術展新人優秀賞受賞、石川県伝統産業技能奨励賞受賞。11年創造美術展会友賞受賞。12年通商産業大臣認定九谷焼伝統工芸士。澤田富雄(義父)に師事。

  • Yukika Shibata img2
  • Yukika Shibata img2

Yukika Shibata

柴田 有希佳

1984年福井県生まれ。 2013年石川県立九谷焼技術研究所卒業。山田義明に師事。伝統九谷焼工芸展奨励賞。14年伝統九谷焼工芸展優秀賞。15年第6回菊池ビエンナーレ入選。16年伝統九谷焼工芸展優秀賞。17・18年日本伝統工芸展入選。

  • Ruri Takeuchi img1

Ruri Takeuchi

竹内 瑠璃

奈良県出身
京都女子大学卒
京都伝統工芸大学校卒
山本長左先生のもとで4年間修行

  • Saiko Takegoshi img1

Saiko Takegoshi

武腰 彩子

能美市に生まれる。1998年金沢美術工芸大学日本画科卒業後、父・武腰 潤に師事。石川県立九谷焼技術研修所実習科造形専攻3年修了。2001年親子展にて初出展後、個展・グループ展など多数開催。日本画を学んでいた経験が、構図の確かさ、余白の美を生み出している。

  • Yukifumi Tada img2
  • Yukifumi Tada img2

Yukifumi Tada

多田 幸史

1973年金沢市生まれ
1998年近畿大学卒業
2007年第54回日本伝統工芸展にて初入選(以降55~64回展入選)
2012年伝統工芸陶芸部会展日本工芸会賞受賞
2015年第62回日本伝統工芸展日本工芸会新人賞受賞。現在日本工芸会正会員 日本陶芸美術協会会員

  • Naoto Tabata img1

Naoto Tabata

田畑 奈央人

1969年三重県生まれ。92年明治大学法学部卒業。2005年石川の伝統工芸展入選、11年日本橋三越本店工芸サロンにて個展。14年高島屋幻想博物会に出品。15年日本橋三越アートスクエアにて個展。17年日本陶磁器協会奨励賞展奨励賞受賞。武腰潤に師事。

  • Seito Tamura img1

Seito Tamura

田村 星都

1980年 小松市生まれ
2007年 石川県立九谷技術研修所実習科修了
2010年 小松市に工房を構える。

  • Kingyoku Nakata img2
  • Kingyoku Nakata img2

Kingyoku Nakata

仲田 錦玉

1972年 石川県小松市生
2003年 二代錦玉に師事
2013年 全国伝統的工芸品公募展入選、伝統九谷焼工芸展入選以降多数入選 九谷焼伝統工芸士に認定
2017年 石川県伝統産業優秀技術者奨励賞受賞。おおむらさきゴルフ倶楽部理事長杯優勝杯制作

  • Hiroshi Nakada img1

Hiroshi Nakada

中田 博士

1979年 石川県小松市に生まれる
2005年 第7回国際陶磁器展美濃 銅賞
2009年 第56回日本伝統工芸展 新人賞  
2015年 第23回日本陶芸展 特別賞・茨城県陶芸美術館賞
日本工芸会正会員

  • Masaru Nakada img2
  • Masaru Nakada img2

Masaru Nakada

中田 雅巳

1997年石川県立九谷焼技術研修所卒業。2004年能美郡川北町にて独立。14年Meister der Moderne展Bavarian States Prize賞受賞(ドイツ)。「現代・陶芸現象」茨城県陶芸美術館。17年現代陶芸奨励賞展奨励賞、菊池ビエンナーレ奨励賞。19年TEFAF Maastricht(オランダ)出品。伊藤慶二氏に師事。

  • Satoko Nitta img2
  • Satoko Nitta img2

Satoko Nitta

新田 智子

1954年大阪府生まれ。75年浪速短期大学デザイン美術科卒業。テキスタイルデザインの仕事に就く。2006年第59回創造展新柳北信賞受賞。07年第60回記念創造展新人大賞受賞。11年第64回創造展北國新聞社北華賞受賞。15・18年創造展会員賞受賞。

  • Yoko Hasatani img1

Yoko Hasatani

架谷 庸子

2007年石川県立九谷焼技術研修所卒業。卒業制作展にてパーマネントコレクションに選ばれる。以来、福島武山に師事。11年北國女流美術展最高賞。13年伝統九谷焼工芸展奨励賞、全国伝統的工芸品公募展伝統的工芸品産業振興協会賞。2018伝統工芸士に認定。

  • Takayuki Hasegawa img2
  • Takayuki Hasegawa img2

Takayuki Hasegawa

糠川 孝之

1997年 全国伝統的工芸技術修得奨励者に推挙。
1998年 日展初入選。
2003年 日本現代工芸美術展現代工芸新人賞、他多数受賞。
2011年 石川県伝統産業優秀技術者奨励者に推挙。2012年 伝統工芸士に認定。
2014年 北陸新幹線金沢駅待合室壁面陶板制作。糠川清章に師事。

  • Mikari Hayashi img2
  • Mikari Hayashi img2

Mikari Hayashi

林 美佳里

1985年生まれ。2007年石川県立九谷焼技術研修所卒業。17年伝統工芸士認定。福島武山に師事。

  • Yoshika Hirano img2
  • Yoshika Hirano img2

Yoshika Hirano

平野 由佳

1997年 山田義明氏に師事。
1998年 石川県立九谷焼技術研修所を修了。同年、第13回北国女流美術展佳作入賞。
2000年 第23回伝統九谷焼工芸展入選、
2003年 第44回石川の伝統工芸展初入選、両展とも以後連続入選。
2005年 パリ・サロンド・オブジェに作品出展。
2008年 九谷焼加飾部門 伝統工芸士認定。
2014年 第61回日本伝統工芸展入選。

  • Emi Hirose img2
  • Emi Hirose img2

Emi Hirose

広瀬 絵美

石川県金沢市生まれ。2017年に第32回石川の現代工芸展 奨励賞、第12回能美市美術展優秀賞を受賞。2018年に石川県立九谷焼技術研修所本科を卒業。卒業制作がパーマネントコレクションに選定される。

  • Daisuke Funaki img2
  • Daisuke Funaki img2

Daisuke Funaki

船木 大輔

金沢市生まれ。石川県立九谷焼技術研修所卒業後、窯元に就職。5年間勤めた後、独立。2008 年第23 回陶芸美術館展覧会 抹茶茶碗コンテスト 大賞グランプリ受賞、2010 年ユニークな器展2010 優秀賞受賞、2012 年四日市萬古陶磁器コンペ2012 審査員特別賞受賞、2019年金沢市工芸展 北陸放送社長賞受賞。

  • Terutada Miura img1

Terutada Miura

三浦 晃禎

1975年能美市生まれ。94年山本長左に師事。2014年第17回日本伝統工芸士会作品展にて経済産業省九州経済産業局賞(三等)受賞。15年第18回日本伝統工芸士会作品展にて経済産業省中部経済産業局賞(三等)受賞。

  • Kayoko Mizumoto img1

Kayoko Mizumoto

水元 かよこ

1989年加賀友禅工房に弟子入り。2001年に九谷焼の窯元に師事し、絵付けを学ぶ。2010年より独立し、自宅に築窯。2018年石川県立九谷焼技術研修所実習科修了。ドイツのミュンヘンでのグループ展をはじめ、国内各地で個展、グループ展を開催。ユニークな形態と色彩豊かな絵付けで個性的な世界を展開する。

  • Tatsuya Mitsui img2
  • Tatsuya Mitsui img2

Tatsuya Mitsui

三ツ井 達也

1972年 石川県小松市生まれ
1998年 京都学園大学 卒
1999年 京都府立高等陶工専門学校 卒
地元石川に戻り 父三代為吉に師事
2000年 伝統工芸士 認定
「九谷なればこその色絵磁器」を念じながら制作に励んでおります。

  • Ayako Minami img1

Ayako Minami

南 絢子

1984年 石川県能美市生まれ。
2002年 父、南繁正のもと家業に従事。
2007年 石川県立九谷焼技術研修所実習科造形専攻学科修了。
2011年 日本工芸会正会員認定。
2012年 金沢卯辰山工芸工房修了。

  • Masao Miyamoto img1

Masao Miyamoto

宮本 雅夫

1971 石川県小松市に生まれる
1996 東京藝術大学美術学部卒業
2005 文化庁派遣新進芸術家在外研修員として渡伊
2014 第37回伝統九谷焼工芸展大賞
2018 第65回日本伝統工芸展出品作「緑彩真麗線文鉢」 宮内庁買上

  • Yoca Muta img2
  • Yoca Muta img2

Yoca Muta

牟田 陽日

1981年東京都生まれ。2008年ロンドンゴールドスミスカレッジファインアート科卒業。その後、石川県の伝統工芸である九谷焼に出合い、12年石川県立九谷焼技術研修所卒業。16年第11回パラミタ陶芸大賞受賞。日常的な食器、茶器などの美術工芸品、アートワークなど表現要素の強い作品を多岐に渡り制作。

  • Seiya Yamagishi img2
  • Seiya Yamagishi img2

Seiya Yamagishi

山岸 青矢

1986年生まれ。金沢美術工芸大学卒業。2013年日展初入選(以後6回連続)、日本現代工芸美術展現代工芸新人賞。16年現代工芸賞、現代美術展初入選最高賞。17年北國賞。18年最高賞。山岸大成に師事。

  • Yasushi Yamachika img1

Yasushi Yamachika

山近 泰

1975年寺井町生まれ。2006年第47回石川伝統工芸展奨励賞受賞。09年第56回日本伝統工芸展初入選。12年第35回伝統工芸九谷焼工芸展大賞受賞。13年第1回陶美展入選。以後連続入選。15年第62、63回日本伝統工芸展入選。17年第40回伝統九谷焼工芸展優秀賞受賞。

  • Mari Yoshimura img1

Mari Yoshimura

吉村 茉莉

1988年石川県金沢市生まれ。2011年石川県立九谷焼技術研修所本科を卒業。2011年より福島武山氏に師事し、2012年同研修所研究科を卒業。2015年金沢卯辰山工芸工房を修了。現在、金沢市内にて制作を行う。

PREV

PREV

PREV

NEXT

INTRODUCTION

展覧会「九谷の現在」とは

「九谷の現在(いま)」は、360年以上にわたって受け継がれている九谷焼の魅力を解き明かそうと、2つの異なるコンセプトで構成する展覧会です。ひとつは「カラフル・オーナメント・オブジェ・クタニ」と題し、表現性を追求した作家21名の立体作品を九谷セラミック・ラボラトリーで紹介。もうひとつは名工選「NEXT九谷」展。九谷焼の伝統や技術を継承しながら新たな価値創造に挑む作家43名の作品を浅蔵五十吉美術館で展示します。「表現する九谷」と「継承する九谷」、それぞれの切り口で現代の九谷の魅力を探ります。

“Kutani of the present (now)” is a series of exhibitions that is composed of 2 different concepts, intending to flesh out the charms and appeal of Kutani pottery, which has a history of over 360 years. The first exhibition “Kutani: Colourful, Ornamental, Objet D’art” is to be held at the Kutani Ceramic Laboratory. This gallery covers the works of 21 artists that were created in their pursuit of creative expression. The other exhibit, “NEXT Kutani” will be held at that Asakura Isokichi Art Gallery, and will feature the works of 43 different artists, showing the challenges of inheriting the tradition and skill while adding their own value and styles. “Expressive Kutani” and “Inheriting Kutani” amongst other perspectives are but some of the ways we can explore the charm of Kutani.

EXHIBITION introduction img

総合監修

秋元 雄史(東京藝術大学大学美術館館長・教授)

General supervision

Yuji Akimoto
Director & Professor,The University Art Museum, Tokyo University of the Arts

in KOMATSU

カラフル・オーナメント・オブジェ・クタニ

会場
九谷セラミック・ラボラトリー(セラボクタニ)
住所
〒923-0832 石川県小松市若杉町 ア91
会期
9月6日(金)〜10月14日(祝・月)
休館日
水曜日
時間
10:00-17:00(最終入館は16:30まで)
入館料
一般 300円
学生(高校生以下)150円
キュレーション
秋元 雄史(東京藝術大学大学美術館館長・教授)

in NOMI

名工 選「NEXT 九谷」

会場
浅蔵五十吉美術館
住所
〒923-1111 石川県能美市泉台町南1
会期
9月6日(金)〜10月14日(祝・月)
休館日
毎週月曜日(祝日の月曜は開館。翌日代休。)
時間
9:00~17:00(最終入館は16:30まで)
入館料
【個人】一般:430円 75歳以上:320円 高校生以下:無料
【団体(20名以上)】大人:370円 75歳以上:320円
キュレーション
中矢 進一(能美市九谷焼資料館館長)

記念トークセッション

「表現する九谷」

Guided exh img

プログラム
15:00~15:30 話題提供「現代陶芸のはじまりに:走泥社と陶片」
講師:中村裕太(美術家、京都精華大学芸術学部特任講師)
略歴:1983年東京生まれ、京都在住。2011年京都精華大学芸術研究科博士後期課程修了。博士(芸術)。近年の展示に「第20回シドニー・ビエンナーレ」(2016年)、「走泥社:現代陶芸のはじまりに」(森美術館、2019年)など。

15:30~17:00 トークセッション「表現する九谷」
パネリスト:「九谷の現在(いま)」展出展作家
モデレーター:秋元雄史(「九谷の現在(いま)」監修、東京藝術大学大学美術館館長・教授)


このたび、9月16日(祝・月)に、九谷セラミックラボラトリーにて「九谷の現在(いま)」展 記念トークセッション「表現する九谷」を開催します。話題提供としてゲストに美術家の中村裕太氏をお招きし、「現代陶芸のはじまりに:走泥社と陶片」についてお話しいただき、その後、出展作家を交え、監修の秋元雄史氏の進行によってトークセッションを行います。九谷焼の現在を概観し、伝統と個性が混ざり合う九谷焼の表現の可能性について語り合います。

日程
2019年9月16日(祝・月)
時間
15:00~17:00
会場
九谷セラミック・ラボラトリー
定員
50名
参加費
無料

CLOSED終了しました

ARTIST

参加アーティスト一覧

五十音順。名前をクリックするとアーティスト詳細をご覧いただけます

in KOMATSU

カラフル・オーナメント・オブジェ・クタニ

伊藤 由紀子

今西 泰赳

大石 さくら

上出 惠悟

川上 真子

北井 真衣

北村 和義

木戸 優紀子

米谷 彰能

澤谷 由子

田辺 京子

田村 星都

中山 昌果

東元 生

朴木 友美

南 紗貴子

水元 かよこ

牟田 陽日

山﨑 裕理

山野 芳久恵

吉田 るみこ

in NOMI

名工 選「NEXT 九谷」

浅蔵 一華

有生 礼子

石冨 俊二郎

井上 雅子

今川 朋実

織田 恵美

勝亦 秀彰

金丸 涼花

上出 惠悟

河内 範子

川島 優子

河田 里美

上端 伸也

北出 太郎

北村 和義

斎藤 まゆ

佐藤 剛志

澤田 郁美

柴田 有希佳

竹内 瑠璃

武腰 彩子

多田 幸史

田畑 奈央人

田村 星都

仲田 錦玉

中田 博士

中田 雅巳

新田 智子

架谷 庸子

糠川 孝之

林 美佳里

平野 由佳

広瀬 絵美

船木 大輔

三浦 晃禎

水元 かよこ

三ツ井 達也

南 絢子

宮本 雅夫

牟田 陽日

山岸 青矢

山近 泰

吉村 茉莉