INTRODUCTION

シンポジウム「KUTANIと加賀國1200年」とは

北陸新幹線が加賀地域に延伸開業する2023年、加賀立国1200年を迎えます。この大きな節目を前に、小松・能美両市のイメージの要となる「九谷焼/KUTANI」を地域ブランドとしていかに世界に発信するべきか、九谷焼作家や識者が今後の方向性を展望します。

In 2023, when extended Hokuriku Shinkansen (Hokuriku Bullet Train) line will start its service, Kaga province will celebrate its 1200-year anniversary. Prior to this major milestone, Kutani ceramics artists and experts will discuss prospects of how to deliver to the whole world the local brand of “Kutani ceramics / KUTANI” that now serves as a core image of Komatsu city and Nomi city.

symposium introduction img
開催日時
2019年9月15日(日) 14:00-17:30 (開場13:30)
会場
小松芸術劇場うらら 小ホール
〒923-0921 石川県小松市土居原町710番地
定員
250名
参加費
入場無料

タイムテーブル

14:00~14:10(10m)
挨拶、事業内容紹介
14:10~15:10(60m)
テーマ①「九谷の現在ー継承の九谷ー」
15:10~15:15(05m)
登壇者紹介(転換)
15:15~16:15(60m)
テーマ②「アラウンド九谷ー九谷の文化ー」
16:15~16:25(10m)
休憩
16:25~16:30(05m)
登壇者紹介
16:30~17:30(60m)
テーマ③「九谷を世界へ」

CLOSED終了しました

THEME. 01

「九谷の現在ー継承の九谷ー」

モデレーター

能美市九谷焼資料館館長

中矢 進一

パネリスト

九谷焼作家

浅蔵 一華

パネリスト

九谷焼作家

有生 礼子

パネリスト

九谷焼作家

上出 惠悟

パネリスト

九谷焼作家

田村 星都

パネリスト

九谷焼作家

中田 博士

パネリスト

九谷焼作家

牟田 陽日

THEME. 02

「アラウンド九谷ー九谷の文化ー」

モデレーター

東京藝術大学大学美術館 館長・教授

秋元 雄史

パネリスト

ファッション・ジャーナリスト

生駒 芳子

パネリスト

建築家

浦 淳

パネリスト

料理人

米田 裕二

THEME. 03

「九谷を世界へ」

モデレーター

東京藝術大学大学美術館 館長・教授

秋元 雄史

パネリスト

小松市長・クタニズム実行委員会委員長

和田 愼司

パネリスト

能美市長・クタニズム実行委員会副委員長

井出 敏朗

パネリスト

石川県陶磁器商工業協同組合理事長

東 浩一

パネリスト

九谷焼作家

吉田 幸央